相続財産の概要

相続人は、原則として、被相続人の財産に属した一切の権利や義務について承継します。ここで相続人が被相続人から引き継ぐ権利義務を相続財産(遺産)といいます。以下では、典型的な相続財産の種類に加え、相続財産の範囲に入るかどうか注意が必要な財産について紹介します。

典型的な相続財産

プラスの相続財産

被相続人が死亡した時点で、被相続人に帰属していた次のような財産は相続財産となります。

  1. 不動産(土地や建物)
  2. 借地権・借家権
  3. 預貯金
  4. 保有株式
  5. 自動車
  6. 貸付金
  7. 売掛金など

マイナスの相続財産

  1. 借入金
  2. 具体的な保証債務
  3. 未払いの税金など

注意が必要な財産の例

以下のような財産については、相続財産となるかどうかについて注意が必要です。

生命保険金 原則として相続財産ではなく、取得者の固有財産となります。
傷害保険金 原則として相続財産ではなく、取得者の固有財産となります。
死亡退職金 原則として相続財産ではなく、取得者の固有財産となります。
ゴルフ会員権 規約の内容により相続性が左右されます。
継続的な保証債務 一定のものについては相続性が否定されます。
祭祀財産 相続財産とはならず、家庭裁判所が審判により承継者を決めます。

みなし相続財産

民法上、ある財産が相続財産とならないと判断されるとしても、税法との関係で、当該財産が相続税の課税対象となる可能性があります。このような財産をみなし相続財産といいます。

みなし相続財産の存在を除外して相続税の計算をしてしまったため、実際には相続税の申告義務があるのに、義務がないと誤解して申告を怠ってしまった場合、後から思わぬ不利益を被ることがあり得ます。こうした事態に陥らぬよう、みなし相続財産については是非一度専門家に相談するようにしてください。

私たちが丁寧にわかりやすくお話します。

法律相談のご予約はこちら

  • お問い合わせフォームへ

法律相談のご予約はこちら

  • お問い合わせフォームへ