連れ子の遺産相続権

私(A)は、前妻(B)との離婚後、現在の妻(D)再婚しました。前妻との間には実子(C)がいるのですが、現在の妻との間には実子がなく、現在の妻の連れ子(E)がいるのみです。私の財産はEに相続させたいのですが、Eに相続権はありますか。

連れ子の相続権

法定相続人は「配偶者+血族相続人」

民法は、被相続人が死亡した場合に相続権が認められる者の範囲を、あらかじめ定めています。これを法定相続人といいます。

法定相続人は、配偶者相続人と血族相続人によって構成されます。このうち、「血族相続人」とは、要するに被相続人と血縁関係にある相続人のことであり、次のうち最上位のグループに属する親族が相続権を得ることになります。

  1. 被相続人の子及びその代襲者
  2. 被相続人の直系尊属
  3. 被相続人の兄弟姉妹及びその代襲者

参考:法定相続人の範囲

連れ子に相続権はない

被相続人と後妻が結婚しただけでは、被相続人と再婚相手の連れ子との間に血縁関係が発生するわけではありません。たとえ、連れ子が幼少のころから被相続人と同居していたり、被相続人の面倒を見たりしていても血縁関係の存否とは関係がないのです。

したがって、被相続人の再婚相手の連れ子には、当然には相続権は発生しないということになります。

相談例のケースでも、D氏の連れ子であるEは、このままではAさんの子でないということになり、仮に現在Aさんが亡くなった場合には、その遺産を相続することができません。

養子縁組前

この場合、現在の妻であるDさんが1/2(Dさんは配偶者相続人の資格で相続権を取得します)、残りの1/2をAさんの実子であるCさんが取得することになります。

連れ子に遺産を取得させるには

では、相談者Aさんの希望どおり、その財産をEさんに取得させるにはどのような方法があるでしょうか。

連れ子との間で養子縁組をする

AさんがEさんとの間で養子縁組をすることにより、この二人の間には、養子縁組の日から法定の血縁関係が発生します(民法809条により、養子は養親の嫡出子の身分を取得します)。養子縁組は、戸籍を管轄する市区町村に養子縁組届けを提出することによって行うことができます(養子が15歳未満の場合は法定代理人による代諾養子縁組となります)。

このような法定の血縁関係を創出することによって、EさんはAさんの「相続人(子)」として、Aさんの遺産を相続することができます

養子縁組後

なお、この場合の法定相続分は、妻であるDさんが1/2、Aさんの子であるCさんとEさんが各1/4の割合となります。

遺言によって連れ子に財産を遺贈

Aさんが遺言を作成し、遺産を再婚相手の連れ子であるEさんに譲る旨の記載をすることで、Aさんが亡くなった場合、Eさんにも財産を取得させることができます。

この場合、法律上の親子関係が発生しないため再婚相手の連れ子が「相続人」となるわけではありませんが、連れ子は被相続人から遺贈を受ける「受遺者」として財産を承継することができます。

生前贈与による方法

Aさんが亡くなる前に、Eさんに対し財産を贈与することでも、Eさんに財産を取得させることができます。

この場合も、贈与契約に基づく財産の移転ですので、EさんはAさんの「相続人」となるわけでなく、「受贈者」の立場で財産を譲受することになります。

税務面や遺留分の検討が必要

ここで紹介した養子縁組・遺贈・生前贈与の各方法ですが、同じ財産を承継させる場合であっても、どの方法を選択するかによって税金(相続税・贈与税)の額に違いが出ることがあります。また、遺贈や生前贈与の方法を選択する場合には、他の相続人の遺留分についての配慮も必要です。これらの点については、事前に専門家への相談をしておくことをお勧めします。

まとめ

以上、被相続人の再婚相手の連れ子の相続権について解説しました。

養子縁組も遺言もないままに被相続人が亡くなった場合、被相続人の再婚相手の連れ子は、いくら被相続人の面倒をみていたとしても、相続人や受遺者として遺産を取得することができません。このような事態を避けたいご家族は、まず一度専門家に相談をし、適切な対策を講じておくことが必要でしょう。

弁護士法人ポートでは、こうした連れ子の相続問題についてもご相談・ご依頼をお受けしています。連れ子の相続問題でお困りの方は、ぜひ当事務所の遺産相続無料相談をご利用下さい。

私たちが丁寧にわかりやすくお話します。

法律相談のご予約はこちら

  • お問い合わせフォームへ

法律相談のご予約はこちら

  • お問い合わせフォームへ